Trace: about

Renick Bell

about Renick Bell

Renick Bell is a computer musician, programmer, and teacher living in Tokyo, Japan. He is a graduate of the doctoral program at Tama Art University in Tokyo, Japan. His current research interests are live coding, improvisation, and algorithmic composition using open source software. He is the author of Conductive, a library for live coding in the Haskell programming language. Previously, he was a doctoral student at Tokyo Denki University. He has a masters degree in music technology from Indiana University and an interdisciplinary bachelors degree in electronic music, studio art, and philosophy from Texas Tech University. He has performed in numerous countries in Asia and Europe, as well as Australia and the US. He is from West Texas but has lived in Tokyo since 2006; he previously lived in New York City from 1999-2001 and Taipei, Taiwan from 2001-2006.

Renick Bell (レニック・ベル)はライブコーディングのテクニックを使う。

ライブコーディングとは、プログラムコードをその場で編集しながら行う、アルゴリズミック・パフォーマンスのことである。アルゴリズムとは「何らかの問題を解決する方法を指定する正確な規則 (または一連の規則)のことである。」

パフォーマとしてのプログラマーは、コンピュータ音響や映像を生成するためのアルゴリズムを、その場で書いたり、あるいは既存のコードをサンプリング/リミックスする。

彼の音楽は、独特のサウンド・デザインに伴い、すばやく変化し、複雑なリズムと重いベースを持つ。そのプログラミングは観客に見えるようにスクリーンに投影される。

ベルはアルゴリズムを使ってリズムを作り出す。このミュージックには、最近のUKベースミュジックに見られるパターンやからLシステム(植物の成長モデル)を基づくパターンに至るまで、幅広いリズムを聴くことができる。彼は、これらのリズムを何百もの多様なリズムを作ることができる。それを、ライブコーディングで音にして、切れ目なく音楽を作曲してゆく。実験的電子音楽のDJセットのように聴こえるが、それとは違い、この音楽はその場で作り出される。アルゴリズムと即興によって、二度と同じ音が繰り返されることが無い。

その音楽の変化をプロジェクターで見ることができる。それにより、オーディエンスは音楽の作る工程をはっきりした感触を掴めるので、他の電子音楽には無い楽しみ方ができる。

ベルは、この演奏のプログラミングにキーとなるソフトウェア「Conductive」というプログラミングツールを書いた。彼は、皆がこのソフトウェアを自由に無料で使えるように開放している。

ベルはよく、アルゴレーブというイベントでこのパフォーマンスを行う。アルゴリズムとレイブの混合語である「アルゴレイヴ」とは、アルゴリズムによって作られたリズミックな即興音楽によるライブイベントのことである。アルゴレイブは近年はますます頻繁に行われるようになっている。アルゴレイブのイベントでは多くのミュージシャンがライブコーディングで演奏を行う。

コンピュータ音楽の研究者であるアレックス・マクリーンとニック・コリンズによると、アルゴリズムによるダンスミュージックの発祥は、少くとも1992年に遡ることができる。さらに1997年から1998年になると、それがクラブで行われるようになる。かつてのアルゴリズム関連のパフォーマンスと、2012年に始まった今日のアルゴレイブ活動との本質的な違いは、アルゴレイブの場合、音楽を生成するアルゴリズムに焦点がおかれていることである。なお、これまでアルゴレイヴは日本を含む9カ国で行われてきたが、その多くはイギリスで行われている。

ベルはこれまで、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリア等のクラブ、美術館、パンク達が不法に屯っている廃屋等で演奏してきた。

ベルの最近の演奏は、多くのがサウンドクラウドで聴くことができるし、ユーチューブで見ることができる。彼はthe3rd2ndというレーベルに幾つかのレコードをリリースしているし、Quantum Nativesというレーベルからリリースする予定もある。

https://soundcloud.com/renick

https://www.youtube.com/user/renickbell

http://www.quantumnatives.com/

http://the3rd2nd.com/

ベルは西テキサス州の出身。2006年から東京ベースで活動している。2015年に、東京の多摩美術大学で美術の博士号を取得した。

Code I have written is collected on this page: http://www.renickbell.net/doku.php?id=code

Music I have made is collected on this page: http://www.renickbell.net/doku.php?id=music

Much of that music is streaming from this page: https://soundcloud.com/renick

I have videos of performances on Youtube here: https://www.youtube.com/user/renickbell

I manage a netlabel for experimental electronic music called the3rd2nd.com.

I can be contacted at this email address: renick (at) gmail.com.

You can follow me on Twitter here: http://twitter.com/renick

about.txt · Last modified: 2015/09/14 10:25 by renick